結婚相談所にはろくな男がいない?

最近では婚活の方法にもいろいろな物があり、マッチングアプリ、友人からの紹介、合コン、飲み会など沢山ありますよね。

何年もあれこれ試してみたけどなかなかいい出会いに巡り合えないという方が、結婚を本気で考えた出会いを探すために、
最も一般によく知られている方法の一つは結婚相談所で活動してみるという方法ではないでしょうか?
とは言うものの、無料のアプリや合コン飲み会に比べて結婚相談所は高額である事が多いいです。

結婚相談所への入会を考えている方の中には「結婚相談所にはろくな男がいないと聞くけど本当の所はどうなんだろう?」と考え、「せっかく大金を払って入ってもお金を無駄にしてしまうのでは」などと考えてしまい入会を躊躇してしまう方も多いかもしれません。

この記事ではそんな入会を迷っている方に向けて、「結婚相談所にはろくな男がいない」についてのお話をさせて頂きます。

結婚相談所にはろくな男がいない!は本当?

結婚相談所で活動している方の中には、本気で婚活を進めようとして結婚相談所に入会してはみたものの、ろくな男がいないと不満に思う女性も少なからずいます。
確かに、お会いした男性の質が低いことが続いてしまい、どんなに探しても条件に合った相手が見つからない場合があるのは事実です。
しかしそういった質の良くない男性だけが登録しているという事はなく、
ろくな男がいないと感じてしまうのには他の所に原因がある可能性もあります。

たとえば、理想が高くなり過ぎていないかどうかを考えてみる必要はあるでしょう。
女性が結婚相談所での活動でそもそも「出会いがない」と感じているときは、条件が厳しくなり過ぎていることも往々にしてあります。
イケメンで高身長、高収入で優しい、もっと言うならかわいい年下など。。。
これらをすべて兼ね揃えた男性を求める女性は結構いますが、そもそも、そんな男性というのは日本人男性すべてにおいて絶対数が圧倒的に非常に少ないといえます。
そこからさらに独身であり結婚を望んでいる男性となればさらに対象となる男性は減っていきます。
たとえ、条件をすべて満たした男性を見つけられたとしても、そういった男性は多くの女性から人気があり競争率は激しいのが現実です。
それ以外でも、すでに他の女性会員と交際を進めている場合も十分にありえます。
女性が婚活を成功させたいと強く願っているなら、まずは男性に求める条件を考え直してみるのも一つの方法だと思います。

恋愛に慣れている男性の登録数が少ない

結婚相談所に登録している多くの女性も恋愛に慣れているスマートな男性にアプローチされたいと考えています。
恋愛慣れしている男性はデートでも上手く引っ張ってくれますし、女性の扱い方を知っているので会話でつまずいてしまう事もありません。
多く男性が苦手なちゃんと好意を伝えてくれるというのも大きな魅力です。
しかし、残念ではありますがこのような男性は結婚相談所だと少ないのが現実であります。。
登録者が全くいないとまでは言えませんが、恋愛に慣れている男性は結婚相談所のサービスを使わずとも自力で恋人を見つける事ができます。
また、異性との関わりが多くて出会いの数が多い男性も結婚相談所には入会しなくても大丈夫と思っている方が多い傾向があります。
たとえ結婚相談所に恋愛に慣れた男性がいたとしても、そういった男性にはライバルとなる女性も多く自分とマッチングしてもらえる可能性が低くなってしまうでしょう。
つまり、女性の利用者が結婚相談所で出会う男性は、どうしても恋愛に不慣れな人に偏ってしまいがちです。
サッと女性に話しかけることが出来なかったり、飲み会や合コンなどが苦手だったりする男性の方が結婚相談所を頼りがちです。
また、女性が身近にいないなど、職業柄出会いがない人も少なくありません。
そうするとどうしても女性の扱いには慣れることができず、恋愛の経験値の少ないまま活動をしていくので、そういった男性と出会うと不満を抱く女性がいるという感じです。
とは言うものの、恋愛慣れしていないからといってその男性が人として劣っているとかダメだということにはなりません。
ここで間違ってしまうと、目の前の男性の良さに気が付く事が出来ず、ろくな男がいないと思ってしまうという事もあります。

普段の環境や職業柄出会いの多い男性は婚相談所を利用しない

女性の中には、「出会う男性にはある程度女性慣れしていてほしい」と願う人も少なくありません。
女性慣れしていない男性を紹介されても、会話が弾まないことが少なくなく気まずい空気になりがちだからです。
また、女性の心理を上手く読み取れずデート中に的外れな行動をされるのも残念に感じるでしょう。
そのため、結婚相談所でも多くの女性利用者は、「ある程度女性慣れしている男性」とマッチングしたいと考えています。

シンプルに男性が女性慣れをしているという事は、普段から女性と多く関わっていることになります。
職業柄出会いが多く、女性との出会いに不自由していない女性慣れした男性は結婚相談所を利用する必要がありません。
たとえば、看護師に女性が多い「病院関係」や、女性のクリエイターがたくさんいる「広告、デザイン業」などは、男性からすると比較的「出会いの多い職業」だと言えるのではないでしょうか。
そのほか、デパートや美容業界、ファッション業界なども女性従業員や女性客との出会いにあふれおり、出会いを作るために結婚相談所に登録するという事は少なくなります。
つまり、女性が多く活躍しているような職場にいる女性慣れした男性は、結婚相談所では見つけにくくなるのが特徴です。
もちろん、「女性の少ない現場で働いている」ことが必ず「女性慣れしていない」ことに繋がるという訳ではありません。
しかし、「女性が多い現場で働く人の方が、女性への免疫はつきやすい」のは想像がつきやすいのではないでしょうか。
そのため、結婚相談所で紹介される男性に、女性の扱いについて過度な期待をしてしまうのは控える方が良いでしょう。

結婚相手より恋愛相手を探してしまっている

前述の通り女性が結婚相談所で活動をしていく中で、決して「女性慣れしている男性」と出会える確率は高くありません。
しかし、結婚相手を探していく中でそもそも相手の男性が「女性慣れしている男性」である必要があるべきなのでしょうか。
一度よく考えてみましょう。
大前提として、結婚相談所は結婚を考えている男女が集まる場所です。結婚相手としてふさわしいだけの条件を持った男性であれば、「女性慣れ」はささいな問題にすぎません。
実際、出会って間もない頃のデートではぎこちなさや物足りなさを感じることもあるでしょう。ですが何度もデートを繰り返していけばお互いに良い意味で慣れていき、会話も弾むようになるものです。
結婚生活を送っていく事をイメージし長い目で見れば、「女性慣れしていない男性」というのはそれほどの欠点と呼べるものではありません。
それでも「女性慣れ」にこだわってしまう女性もいるでしょう。
しかしそれは結婚相手ではなく、恋愛する相手を探したかった可能性があります。
交際をしてデートを楽しみ、ドキドキ・ワクワクな気分を味わいたいなら男性が女性慣れしているかどうかは重要になってきます。
ただし、その場合は必ずしも結婚相談所でお相手を探さなくてもいいでしょう。
恋愛を楽しみたいのであればそれを満たしてくれる出会いのサービスはほかにもあります。
続いて、友人や周りの人に自慢できる相手が欲しいという風に考えてしまっていないかというのも考えてみてください。確かに女性の扱いが上手な男性の方が、友人からの受けは良くなる可能性はあります。
しかし、結局のところ結婚とは自分のためにする決断であり今後の人生を左右するものです。そう考えたときに見栄やプライドで相手を選ぶのが最善であると思えるでしょうか。

条件のいい男性はすぐに成婚退会してしまう

結婚相談所の男性にはロクな男がいないと思ってしまう理由には、
条件の良い男性はすぐに相手が見つかって成婚退会してしまうという事があります。
誰から見ても魅力的なスペックがあるような男性は、当たり前のように人気があります。
男性自身からお見合いを申し込んで受けてもらえる機会が多いですし、女性からの申し込みも殺到します。1週間で数百件のお申し込みが来ることも珍しくありません。
そんな男性は結婚相談所に入会してすぐに多数の女性にお会いすることが出来、結果的に活動開始後早い段階で良い相手と出会う可能性が高いということです。
そのため、いい男性はさっさと成婚退会してしまうことが多いのです。
すると残ってしまうのは少し女性とのコミュニケーションが苦手な男性となってしまいます。

あなたの本当の気持ちはどうなの?

「結婚相談所にはろくな男がいない」と感じているときには、心の奥底にある心理が現れている可能性があります。
よく言われる結婚適齢期に入ってくると、周りの人たちが結婚をすすめてきたり、友人たちがたて続けに結婚したりすることが多く、焦ってしまう女性は多いと思います。
先に結婚していく友人を見て「わたしはもっと素敵な男性と結婚しよう」とライバル意識を燃やしてしまいがちです。
そのせいで、男性へ求める条件が過剰に高くなり、結婚相談所への不満に変わるという事もあります。 ですが、こういった女性はまわりに流されて結婚をしたいとなっているだけで、本当のところはまだ結婚をしたくないと思っている場合もあります。
自分は本当に結婚したいと思っているのかどうか、しっかりと自分の人生を見つめ直してみましょう。
それには、自分が「結婚」のほかにやりたいことがないのかを思い浮かべてみるのも良いです。
趣味や仕事、恋愛など、結婚する事より強く思い浮かぶやりたいことが多いなら、結婚以外の目的がまだ残っていると考えても良いかもしれません。
考えてみたけどやっぱり結婚がしたいと思えるのでしたら「何のために結婚するのか」と考えてみましょう。「みんなが結婚しているから」「世間体があるから」といった答えしか出てこないときは自分の中で結婚へのモチベーションが生まれていないとも考えられます。
本心で「自分自身のために結婚したい」と思えない限り、結婚相談所でも素敵な男性は見つける事はむずかしいです。

カウンセラーに相談してみよう

もし結婚相談所でろくな男が見つからないと思ったとしても、その原因は人それぞれですし実際にろくでもない男性ばかりに会ってしまっていることもあります。
本当に結婚したいという気持ちではない女性もいれば、そもそも相談所に問題があるときもあったりします。
また、結婚生活への恐れを捨てきれず、お会いした男性に心を開けないでいる可能性もありえます。
繊細な女性が結婚相談所で抱く悩みは複雑で、自分自身でも分からなくなっている状態は少なくありません。
また、ろくな男が見つからない状況に対して、間違った理由を信じ込んで選択を誤ってしまう危険もあるのです。 そこで、自分の心が自分でもよく分からない場合は、結婚相談所の仲人やカウンセラーに相談してみましょう。
仲人やカウンセラーは婚活のプロであり、あなたが相談をすればしっかりと耳を傾けてくれます。そして、その経験とノウハウによってあなたにアドバイスを与えてくれます。
あなたから自分の気持ちを素直に話してみれば、その問題を解決に導いてくれることも不可能ではありません。
仲人やカウンセラーの力を十分に発揮してもらうために、仲人、カウンセラーを信用してみましょう。疑いの気持ちを抱いて話してみても、あなたの本当の悩みにたどり着く事が出来ず、正確なアドバイスを伝えることが出来ません。仲人やカウンセラー
と良好な関係を築ければ、あなたの婚活は大きく前進する可能性があります。

一息ついてみると見えることも

婚活で上手くいかないことが続いてしまうと、モチベーションが下がってしまうときもあります。どうしていいのか分からなくなってしまったときや、どうしても気分が前向きになれないようなときには、結婚相談所を一旦休会することを考えてみても良いのではないでしょうか。ネガティブな気持ちのまま出会いを繰り返していても、お会いした相手を素直に見ることが出来なくなります。
辛いのに無理して続けてもさらに精神的にきつくなっていきますし、焦ってネガティブな気持ちのときほど婚活はうまくいきません。そんな時は一度ゆっくり休んでから再開するのもひとつの方法です。
(※結婚相談所によっては休会できないところもあります。)。

前向きに考えて取り組む

どんなことでも同じだと思いますが、自分の気持ち次第で良くも悪くもなります。
せっかくお金と時間をかけて婚活をするからには、あなたにとって意味のある活動にしたいと思うのではないでしょうか。
実際に結婚相談所で素敵な方にであい結婚をしている人もたくさんいます、一度「結婚相談所にはろくな男がいない」という思い込みを捨てて、楽しみながら前向きな一歩を踏み出してみてください。
「今度お会いする人はどんな人なんだろう」とワクワクした気持ちでいる人こそ、魅力的でモテる女性です。

電話でお問い合わせ お問い合わせ
お問い合わせ

「結婚がゴールではない!」

「結婚後の人生をいかに豊かに過ごして頂くのか?」という事を考えサポート致します。
私たちが日々お世話をさせて頂いている会員様はひとりとして同じ方はいらっしゃいません。
皆様それぞれの思いや理想があります。
一人でも多くの会員様がそれに少しでも近い方とのご結婚が叶いますようサポートさせて頂きます。
まずは最初の人生最大の第一歩を踏み出しましょう。