Now Loading...

【婚活】お見合いやパーティーで会話が続かない理由とたった3つの解決法

【婚活】お見合いやパーティーで会話が続かない理由とたった3つの解決法

大阪の結婚相談所
関西ブライダル江坂店エテルナ
婚活コーチの東川です。

婚活中のお見合いの席や婚活パーティー等で会話に困るというご相談をよく受けます。

これって恐ろしいことに会話でつまずきを何度も経験してしまうと、
婚活がいやな印象になってしまい、婚活自体が消極的になってしまうことがあるんです。

しかし普段のあなたは会話を苦痛に感じることはありますか?
普段の友人や同僚との会話なら苦痛を感じることはないのに、
どうしてか婚活でのお出会いでは上手くいかない。。。

それにはちゃんと理由があるんです。

今回は、
【婚活】お見合いやパーティーで会話が続かない理由とたった3つの解決法
をお伝えします。

婚活で会話が盛り上がらない理由とは?

婚活で多くの人が悩んでいる「会話」。
普段なら自然に出来ている会話が、
いざ婚活となるとなぜかできなくなってしまう。
どうしてそのようなことがおこるのでしょうか?

◆ 自分どう見られているかばかりに意識が向いている

  • 「どんな話題を出したらいいんだろうか…」
  • 「変な奴と思われるのは嫌だな…」
  • 「沈黙が続いてしまったらどうしよう…」

上手く話を弾ませよう、盛り上げようと、
考えれば考えるほど、このような考えで頭がいっぱいになってしまいます。

自分がどう見られるかばかりを気にして、
せっかくお相手が目の前にいるにも関わらず、
お相手を見ていない状態になってしまうんです

自分がどう見られているかを意識することも、
第一印象としては大切なことですが、
そればかりになってしまっては会話が弾んでいく事はありません。

お相手を知っていこうという意識から、会話は弾んでいきます。

◆ 気に入ってもらおうと頑張りすぎる

せっかくの出会いですから、
条件が合っていたり、タイプの人でありばあるほど、
「この出会い逃してなるものか~!」
と気持ちが前のめりになるのは仕方がないです。

でも良い出会いだからこそ、力が入りすぎてしまい
「この人は私との結婚に会うのかどうか?」
を見極めたいという思いや、
「気に入ってもらわないと!!」
となってしまい、
会話を弾ませようにも、言葉を選びすぎてしまう。

このようになってしまわない為にも、
まずは心構えを変える意識をしてみてください。
好かれよう、気いられようとするのではなく、
「もう一度お会いしてみよう」
と思ってもらえるくらいにしてみてください。

そうすることで、
肩の力も抜けて、本来のあなたの魅力も
伝わりやすくなるはずです。

会話を盛り上げるための3つの方法

その1. 共通点を探してみよう

よく聞くお話しかもしれませんが、
これは本当に大切です。
心理学でいう所の「類似性の法則」というやつです。
人は自分に似たものや人に対して、
親近感、安心感、好感を持つというものです。
同郷の人に出会うとなんだかほっとしたりするあれですね。

共通点を探し見つける事で、
お互いの緊張が溶けやすくなり、
会話が弾むきっかけとなります。

共通点を探すには、
自分のことを伝えることはもちろん、
お相手のことを知る必要もあります。

前述のとおり、自分にばかり意識が行ってしまっている状態では、
なかなか共通点を見つけることは難しくなりますね。
共通点が見つかることで、高いスキルの会話術など持たなくても、
自然と会話は盛り上がります。

 

その2. 会話テクニックを知っておく

◇ ミミッキング

共通点があれば自然と会話は弾みますが、
さらに盛り上げるためには、会話を広げていく事が大切です。

会話を盛り上げていくにはテーマを掘り下げて広げていくのが一番の方法です。
これが出来ないと、次から次へとテーマを出していかなくてはいけなくなり、
そのうちネタ切れからの沈黙に繋がるのです。

会話というのはキャッチボールです。
連想ゲームなどを意識してもらうと良いですね。
例えば、
「今日は良いお天気ですね」
「そうですね」
だとそこで話が終わってしまいます。

天気というキーワードが出ているので、
天気から連想されることを探します。
天気・・・・晴れ、太陽、気温etc…

相手「今日は良いお天気ですね」
自分「そうですね良い天気ですね。日向ぼっこなんか気持ちいかもしれないですね」
相手「日向ぼっこいいですねのんびり散歩とか好きですか?」
自分「好きです。きれいな景色を見ながら散策するとリフレッシュできます」
相手「私も好きなんですよ。今度○○公園に散歩でも行きませんか?」

といったように、
お相手の言葉を一部繰り返して、自分の言葉をプラスして伝える。
これを心理学では『ミミッキング』と言います。
言葉を繰り返すことで共感も増します。

共通点を見つける事で、親近感も感じられ、
次のデートの約束までたどり着きました。

同じ言葉を返答の際に使うことで、自分の話を肯定的にとらえてくれているとも感じます。

そうすることで心地良さを感じて話が弾んでいきます。

◇ リアクション

会話を弾ませていくためには言葉だけでは不完全です。
話しているときや聞いているときのリアクションがとても大切です。

お相手が怒って話をしているときに、笑顔で聞いていたら必ず叱られます。

その話の内容や温度に合わせたリアクションを意識してください。
TPOに合ったリアクションは相手にとって、
しっかりと話を聞いているというアピールにもなります。

相槌一つでも会話の流れは大きく変わります。
ひとつの相槌を繰り返すよりは、
いくつかのバリエーションをもって相槌を打つ方が良いです。

ちゃんと話を聞いてくれていると感じると、
話す方は気分よく話すことが出来るので、
どんどん話は弾んでいきます。

 

その3. 話のネタを準備しよう

話しのテーマに困らないようにいくつかの話のネタを準備しておくと良いです。

お見合いなどで定番のテーマは、
「仕事」「趣味」「休日の過ごし方」
大体がこのテーマからの会話になってくるかと思います。

最低でもこの3つについては、
ちょっとしたエピソードを用意した方が良いです。

「お仕事は何されているんですか?」
「会社員です」

「旅行が趣味と書いてましたが、最近どこかいかれましたか?」
「最近はどこにも行ってないんです」

「お休みの日は何をされているんですか?」
「家にいます」

これが連続で続いたら心が折れそうになります。。。

「お仕事は何されているんですか?」
「営業をしています。毎日いろんな人と話が出来て楽しんでやれてます」

「旅行が趣味と書いてましたが、最近どこかいかれましたか?」
「最近は忙しく行けていないんですが、最後に行った○○はすごく良いところでした」

「お休みの日は何をされているんですか?」
「インドアなもので、家にいることが多いです。映画を見たりドラマを見たりしています」

といったように、
端的に答えるのではなく何かを付けて答えると良いです。
そこから会話が広がっていきます。

それ以外に、時事ネタをいくつか用意しておくと良いです。
待ち合わせ場所に向かう電車の中でもいいので、
ニュースをさっと見ておくなどするだけでも、
話しのネタになりますよ。

休日の過ごし方なんかは、
その後のデートのお誘いに繋がることもありますのでとっても大切です。
本当に家で何もせずに過ごしているとしても、
興味のあることや、やってみたいことを言うだけでも、
その後の会話が弾むきっかけになったりします。

まとめ

会話は意識とちょっとしたコツでいくらでも盛り上がります。
よく会話が盛り上がらないこを、
お相手のせいにして終わってしまっている方を見かけますが、
とってももったいないことだと思います。

あと少しだけ意識が変わっていたら。。。
あと少しだけ会話スキルがあれば。。。

人の魅力は会話が上手なだけではないですが、
会話スキルがあるなしで、
自分自身に興味を持ってもらえる人の数が大きく変わります。

その数が多ければ多いほど、洗練されあなた自身の魅力アップにつながります。
ぜひ実践してみてください。

電話でお問い合わせ お問い合わせ
お問い合わせ お問い合わせ
お問い合わせ

「結婚がゴールではない!」

「結婚後の人生をいかに豊かに過ごして頂くのか?」という事を考えサポート致します。
私たちが日々お世話をさせて頂いている会員様はひとりとして同じ方はいらっしゃいません。
皆様それぞれの思いや理想があります。
一人でも多くの会員様がそれに少しでも近い方とのご結婚が叶いますようサポートさせて頂きます。
まずは最初の人生最大の第一歩を踏み出しましょう。