Now Loading...

自分を悪い方向へ引っ張るもの

こんにちは。寺坂です。

今日は、普段使ってるコトバのお話です。

人は1日平均1万6千語も話すと言われています。

その中で自分自身を悪い方へ引っ張るコトバ。

 

【不平】【不満】【愚痴】【文句】【悪口】

 

これは、みんな知ってることですが、実際に分かってる人は少ない。

 

 

知識と理解は違います。

 

「知ってる」は知識。

まだ自分の中に落とし込めてない状態。

 

「分かってる」は理解。

自分の中に落とし込みができてる状態。

 

どのコトバを使うかは自分で選択できます。

 

なぜ、これらのコトバを口に出すと、悪い方向へ引っ張られるの?

例えば、ある人の悪口を言うとします。

 

人は自分が言ったコトバを正当化する習性があります。

 

そこから始まるのが、その人の悪い所探し。

 

「やっぱり、あの人、私が言った通り!」

こんな感じで。

 

それからは、その人の悪い所しか目に付かなくなります。

 

結果、自分がイライラしてストレスを抱えることになります。

その人がいてるだけで条件反射的にイライラ。

不平、不満もそう。

 

 

「なんで私だけが、こんなことをやらないといけないの?」

 

この瞬間に他と比べることになります。

不平不満はこの他と比べると出てくるものです。

 

◯◯と比べて

環境が悪い。

給料が安い。

言うことを聞いてくれない。

上司が悪い。

スイッチが入ったらそこから永遠に出てきます。

 

 

これでいい環境になることはない。

自分自身をキッチリと悪い方向へ導いてくれます。

「そんなの言わないと、体に溜まってストレスになってしまう。」

という方は、直接相手に言うようにしましょう。

 

言う時は言い方を考えて、相手のことを思って言ってあげるようにしてください。

これを、「愛ある自己開示」といってます。(※これができるようになるには少し練習が必要です)

思ってる事を伝えるのは、人間関係を築く上でとても大切なことです。

思ってることが言えない人が、不満を持ち、その結果、人間関係で悩んでる。

そんなのできないという人は、相手を変えようとせずに、自分の考え方やとらえ方を変えるようにしてみてください。

 

 

なんでこの人はこんな言い方しかしないんだろう。腹が立つ!

→この人は私にこういう言い方をして気付かせてくれてるんだ。

自分の時はこんな言い方だけはしないでおこう。気付けてよかった。

 

 

こんな風にとらえ方を少し置き換えるようにできれば、マイナスの方向をプラスの方向へ変えることができます。

同意を求めるためだけに、陰でいう人にだけはならないでください。

誰かが見ています。

何よりも自分が一番それを聞いてます。

 

そうすることが相手のためだけじゃなく、最終的に自分のためになるんです。

 

「言ったコトバが自分の所に返ってくる。」

 

それに早く気づくことができれば、人間関係で悩むことが少なくなるだけでなく、自分をプラスの方向へ導いてくれて、幸せな人生を送ることができるようになります。

 

 幸せは自分の中にあります。

 

 

 

 

10年後の幸せを提案する結婚相談所

正しい考え方と行動で妥協しない婚活を成功させる

大阪江坂の結婚相談所エテルナ

寺坂たくみ

 

 

 

 

LINEでお問い合わせ お問い合わせ
お問い合わせ お問い合わせ
お問い合わせ

「結婚がゴールではない!」

「結婚後の人生をいかに豊かに過ごして頂くのか?」という事を考えサポート致します。
私たちが日々お世話をさせて頂いている会員様はひとりとして同じ方はいらっしゃいません。
皆様それぞれの思いや理想があります。
一人でも多くの会員様がそれに少しでも近い方とのご結婚が叶いますようサポートさせて頂きます。
まずは最初の人生最大の第一歩を踏み出しましょう。