Now Loading...

【婚活】頼れる仕事のデキる忙しい男性が求める理想の彼女とは?

【婚活】頼れる仕事のデキる忙しい男性が求める理想の彼女とは?

大阪の結婚相談所

関西ブライダル江坂店エテルナ

婚活コーチの東川です。

 

仕事のデキる男性は素敵ですよね。

将来結婚するなら、ちゃんと仕事に向き合える人を選びたい!

そんな人も多いのではないでしょうか?

でも、

「忙しい男性は会えるチャンスも少ないし、

どうやって仲良くなったらいいのかわからない!」

という女性も非常に多いです。

 

実際、バリバリ仕事をしている男性は、

キャリアを築くために毎日を忙しくしていることが多く、

プライベートに掛ける事の出来る時間が少なくなっています。

 

それでも、将来のことを考えれば、

一生懸命に仕事に取り組むことのできる男性は魅力的ですよね。

ではそんなデキる男性はどんな女性を理想としているのでしょうか?

今回は、頼れる仕事のデキる忙しい男性が求める理想の彼女をお伝えします。

 

自分の事をちゃんと管理できる女性

全ての事に対してだれかを頼ってしまうタイプの人は、

依存心が強い傾向にあります。

 

忙しい彼に対しても構ってほしいと思う気持ちが強くなってしまい

彼に強く依存してしまうようになってしまいます。

 

頼りにすることは決して悪い事ではないですが、

簡単に自分で解決できるような簡単な事でも依存するような関係を望むのは、

忙しい彼にとっては負担以外のなにものでもないです。

 

一人の時間を有意義に使える女性

特にこれといった趣味等もなく、

強いてあげるなら『恋愛』が趣味。

というようなタイプの女性は忙しい男性からは、

敬遠されてしまうようです。

 

男性は付き合っている女性のみならず、

女性に対して期待に答えたいという性質があります。

会いたいオーラを前面に出してくるため、

どうしても忙しく会えない時に彼女に対し罪悪感を感じてしまう。

 

彼をそんな気持ちにさせないためにも、

忙しい彼を気遣う気持ちは持ちながら、

空いた時間を有効に使えるように意識してみましょう。

自分のスキルアップや美容、趣味などに時間を使うなど、

一人の時間を有意義に使える女性を求める声が多いです。

 

その時に応じた対応が出来る女性

忙しい彼は急な仕事で、予定していたデートを

キャンセルしなければならないようなことが度々起こります。

 

そういう時に嫌味を言われたりヒステリックに騒ぐような女性に対しては、

「どうしようもない状況なのに。。。」

「めんどくせー」

と嫌な気持ちになったり、

イライラしてしまうのは仕方がない事なのではないでしょうか。

 

「じゃ~今度はごちそうしてね♪」

と彼に挽回のチャンスを作ってあげるような声を掛けてあげるなど、

気持ちよく送り出してあげれるような女性が好まれるようです。

 

こんな対応をしてくれる女性に、

男性はいつもより頑張りたくなるのです。

 

信頼関係が築ける女性

常に彼の行動を把握していないと気が済まないタイプの女性は、

バリバリ仕事をしたい男性にとってはどうしても負担になってしまいます。

 

相手の事が信用できない為、

「仕事と言いながら。。。」

「私のことが嫌になってきたんだ。。。」

という感情に支配されてしまい、

すべてを知っておきたくなるのです。

 

普段より自分に自信が持てなくネガティブ思考の人がなりがちです。

人を信用することが出来るのも素敵な魅力の一つです。

ポジティブな思考になる事で、

彼に対してあらぬ疑いを掛けて不安になったり、

焦ってしまったりする事もなくなります。

 

まとめ

今回は忙しい理由が仕事の人を例に挙げましたが、

別の理由で忙しくしている男性もいると思います。

それだけ夢中になるという事は、

自分には理解できない事であったとしても、

その人にとっては大切なものであることは間違いないです。

 

思いやりを持って接することで、自分の気持ちはあるとしても、

理解しようと努めることもできるのではないでしょうか?

スキルの高い素敵な男性を射止めたいのであれば、

意識してみてくださいね。

LINEでお問い合わせ お問い合わせ
お問い合わせ お問い合わせ
お問い合わせ

「結婚がゴールではない!」

「結婚後の人生をいかに豊かに過ごして頂くのか?」という事を考えサポート致します。
私たちが日々お世話をさせて頂いている会員様はひとりとして同じ方はいらっしゃいません。
皆様それぞれの思いや理想があります。
一人でも多くの会員様がそれに少しでも近い方とのご結婚が叶いますようサポートさせて頂きます。
まずは最初の人生最大の第一歩を踏み出しましょう。